時効があるので、気をつけて

自己破産について

過払い金を求めるなら今すぐにでも

過払い金回収は自己破産していても可能となっている、回収方法についても手順を勉強したからさぁこれでようやく請求できるぞと行きこんでみるとしましょう。ですがここで少し待ってくださいと止めます。なぜなら気になることというものがあるからです、それは過払い金回収をするにしても行動に出るときに何処までの期間分を回収できるのかというものを考えなくてはいけません。なぜそのようなことを調べなくてはいけないのかというと、それは過払い金を請求するにしても実は過払い金というものにも有効となる時効というものが存在しているのです。つまり、過払い金を長年支払っていたかもしれないとなっても、回収できる年数としては最大でも10年分までしか請求することができないのです。それ以上先となった場合には既に時効が成立していることになってしまっているので回収は不可能となってしまっているので、そこは諦めるしかないでしょう。こういった過払い金時効があるため、すべての過払い金を回収することができないのです。

ただここでも問題となっているのが、過払い金として認定される時期と消滅時期が10年となっていますが過払い金がいつから始まっていたのかということがまた別の問題として浮上してきてしまいます。これについても様々なトラブルが発生していたのですが、一つの決着として平成21年に行なわれた裁判では『取引終了時』から消滅時効としての時間が進行すると最高裁判所が認めたことによって、具体的な例となったのです。それまでは取引終了時の他に、『個別進行説』という返済の時点から10年経過するごとに順々に時効が成立することになるともいわれていました。なんとも曖昧なところですね、こうした矛盾が生じてしまうと当人としてはもちろん、業者としても情報などを改ざんすればごまかせるという逃げ道を作り出してしまいます。解決への糸口としてはやはり自分でもそういった次期をきちんと把握しておく必要があるといえるでしょう。

不当利得といわれています

こうした過払い金による、払いすぎてしまったことで生じたことを『不当利得』と呼んでおり、そういった過払い金返還のことを『不当利得返還請求権』と呼んでいます。こうした不当利得による返還をするとなった場合、業者側が負わないといけない範囲としては2種類に分かれています。どちらに分類されるかで少々返還に関する内容が異なってきます。この時もしも業者側と請求側両方に返還義務が生じている場合においては、両者は同時履行の関係に立っていると判断されるのです。ではどのような違いが生じているのかをちょっと見てみましょう。

善意の受益者の場合
闇金融以外などの場合、現存している利益に準じて返還する義務を背負うことになります。ただ問題点として利得が自己に属している信じている場合には、その信頼を保護しなければいけないという問題点があります。基本的には利益として現存している時点で返還請求が行われた基準で実施することになります。この時、善意と判断できる受益者だった場合には現金として返還する場合には本来利益を得るはずだった当人としておいて考えると、現存している範囲で返還義務が考えられるのです。
悪意の受益者の場合
逆に元々搾取することを目的に行っていた場合には利益に上乗せして利息をつけて返還しなければいけない上、更に損害がある場合においてはそれに伴う賠償責任も受益者が負わなくてはならない。こちらについては法律上の保護は必要とされていないと判断され、なおかつそのまま原物返還であるべきだと考えられている。そもそも世における過払い金請求を行なう事例として上がっているのは、大半がこちらの悪の受益者によるところでしょう。

戻ってくる金額について期待しない方がいい

では実際に過払い金請求するとした場合、実際に自分の手元に帰ってくると思われる金額についてはそこまで過度に期待するべきではないでしょう。例えばですが100万円くらい過払い金があったとした場合、この内4割から6割ほど還ってくれば十分だといわれています。端から全額戻ってくるというのはありえないと考えておいた方がいいでしょう、なおかつ過払い金としてもどのくらい払っているのかについても事前に情報を修習して知っておく必要があるといえます。ここでは100万円と提示していますが、これよりも下だった場合にはやはりそれ以下の返還となることを覚悟しておかないといけません。となるとやはり額が大きければ大きいほど回収することに尽力するべきでしょう。もしも過払い金をするとなって調べたら10万円ぐらいしかなかったというようなことになったら、あまり期待するべきではないでしょう。そもそもそんな10万円なんて額で請求するくらいなら端から諦めていた方が早いかもしれません。額が大きくないにも関わらずこうした手続をしても時間とお金の浪費となってしまうといえるの、出来るのなら平和に暮らしていた方がいいでしょう。色々なところに叩かれることを覚悟するくらいの額でもない限りは静かにしておいた方が身のためかもしれません。