返済にこぎつける手順

自己破産について

誰でもできるわけではないので気をつけて

では実際に過払い金を回収しようとなった場合にどのような手順を行えばいいのでしょうか。そもそも過払い金請求というのは個人で出来るものなのでしょうか。単刀直入に言ってしまうと代理人、つまりが弁護士や司法書士などに任せた方がより過払い金回収が現実味を帯びていくと考えておきましょう。確かに素人でも過払い金請求を行おうと思えば出来るでしょうが、中々簡単にうまく行くものでもありません。そう考えた場合には代理人として依頼した方がまだ安上がりとなっており、身の安全という意味ではそこまで気にする必要もないでしょう。具体的に代理人に依頼することでどのような利点があるのでしょうかという点については三つほどあります。

  • 交渉などの細かな手続を全て担当してくれる
  • 返還される金額が多くなる可能性がある
  • 早めにお金が戻ってくることもある

といったところでしょう。代理人依頼しないで自分で行うとなった場合には必要な書類などの作成や用意も全て自分で行なうことになってしまい、更に業者と直接的に交渉するのも自分です。業者相手に素人が知識もない状態で挑んでも返り討ちにあってしまうのはいうまでもありません。また計算される過払い金の返還額も専門家がきちんと計算すればもしかしたら予定される返還額が多くなったり、またそれ以外にも短期間で回収できるかもしれないという点において考えたら、やはり代理人に依頼した方がいいでしょう。

但し代理人に依頼するとした場合についてもやはり得意としている代理人を見つけることが鍵といえるでしょう。経験を持っている人であればあるほど信頼に値すると思いますが、得意であると同時に信頼関係を築ける相手かどうかという点も一番大事なところでしょう。見つけることも大変ですが、回収できる事を考えたら多少の労力を惜しんでも見つけられたら逆に安いかもしれません。

回収までの手順

過払い金回収までに要することになる手順としてはどのくらい掛かるのでしょうか。代理人に依頼しておくと指示に従っておけばいいだけということもありますが、さすがに経過や状況などを理解できるだけの最低限の知識だけを身につけておく必要があります。何もかも人任せにしてしまうのはさすがに問題あるのでせめて過払い金回収に伴う経過を調べてみましょう。

1:取引履歴を取り寄せる
過払い金請求にはまず貸金業者に対して電話などで取引履歴の開示を要求することから始まります。この時何に使うのかということを明確に答えておく必要としてはないでしょう。特に個人でやる場合においては過払い金回収を目的にしているというのはご法度と言えます。そのためそれとなく問い合わせておくことがいいかもしれません。中にはそういうことを目的としていると察知するところもある成果、一部しか送ってこないところもあるそうです。ここから既に戦いが始まっています。
2:引きなおし計算をする
それまでに返済した金額を計算してどれだけ過払い金があるのかを把握することになります。個人でする場合には過払い金を自動計算するソフトもあるため、計算そのものが苦手な人はそちらを利用すると良いでしょう。
3:業者へ請求書を郵送する
過払い金があった場合には請求書を郵送しますが、この時計算書は同封しないで請求書だけを送付することになります。
4:業者連絡する
郵送した請求書がきちんと届いているのかどうかを確認するために電話をします。その時弁護士などに依頼していなければ訴訟をすることになるのが一般的です。ただたまに電話越しで和解をすることもあるそうですが、そういうことは滅多にないので戦いが簡単に終結するかもしれないという希望的観測は捨てておきましょう。請求金額であればあるほど和解も可能でしょうが、基本訴訟に踏み込んだ方がいいと個人的にも思います。
5:提訴する
訴訟するときにですが、140万円以下となっているのであれば『簡易裁判所』へ、140万円以上であるなら『地方裁判所』へとそれぞれ訴状を提出することになります。この時また再度必要な書類としていくつか必要になるので、忘れないようにしておきましょう。
6:和解
一番の正念場となっています。ここで早期決着を迎えることを目指しているのであればやはり代理人を雇っておく方がいいでしょう。